とっておきのお知らせ

最近、パーマのかけ方を新しくしました


今までのかけ方よりも


*質感がやわらかい(ダメージが少ない)

*施術時間が短い

*髪に残るパーマの臭いが少ない


など


良いことがたくさんありますので

簡単に工程をご紹介します!





こちらのモデルさんは

毛先にパーマが少し残っている状態です





巻きます




巻き終えたら1剤を塗布します




その後すぐに

たっぷりのお湯で流します




1剤をつけてすぐにお湯で流すことで

髪の毛に1剤がついている時間を極力少なくします


ただ、お湯で流しても完全には流れ落ちません。


髪の毛に残った最低限の1剤の作用で

やさしく髪の毛を曲げていきます。





蒸しタオルをかぶせラップでくるみ

5〜8分お待ちいただきます。



その後2剤をつけ

12分放置後ロッドを外します。





シャンプー台で流し

タオルドライ後です。


1剤がついている時間が短くても

しっかりウェーブが出ました!





ドライヤーの弱風で乾かします





オイルでさっとスタイリングをし

柔らかい、でもしっかりとしたウェーブができました!


モデルさんも

大満足です




パーマをかけると髪がすごく傷む

というイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが


この施術方法ですと

今までとの質感やダメージの違いを

感じることができると思います!


パーマはヘアスタイルのバリエージョンがかなり広がります!





Michel