言葉のセンス

カルテットというドラマが終わりました。

改めて坂元裕二さんはすごいなと思えるものでした。


数々の坂元さんならではの名言、言葉遊びを皆さんにも。


曇ってたらどうして天気悪いって言うんですかね。良いも悪いも曇りは曇りですよね。

 曇りが「いい天気」、 かもしれない。

 雨が「いい天気」、 かもしれない。 誰かにとっては。



人生には三つ坂があるんですって 上り坂、下り坂、まさか

絶対なんてないんです。 

人生って「まさか」な事が起きるし 起きた事は、もう元には戻らないんです。

レモンかけちゃった唐揚げみたいに。



終電は男女が一線を超える言い訳のためにある。



結婚ってこの世の地獄ですよ

妻ってピラニアです

婚姻届は呪いをかなえるデスノートです。

この対比に

結婚って天国だ

妻ってノドグロだ

婚姻届は夢をかなえるドラゴンボールだ。



注文に応えるのは一流の仕事

ベストを尽くすのは二流の仕事

我々のような三流は明るく楽しく

お仕事をすればいいの

志のある三流は四流だからね。



普段の生活であまり考えない些細なことを

違った視線で考え、それを言葉におこせる坂元さんのセンスに脱帽であります。

僕も普段の会話にもヘアスタイルにもいわゆる少し普通とは違ったものを出せたらと。

そう思いつつ、カルテットの特別編と桜の満開を心待ちにする年度末のヤマモトでした。



ヤマモト


Michel

Michel

Juillet ”C'est l'été”